Home > 健康建材 > 健康建材

健康建材のご案内

本当の心地よい暮らし、健康的な暮らしとはなんでしょう?


最近は、漆喰や珪素土など住宅の壁に使う人も増え、
昔の住宅や建材に注目が集まっています。

 

住宅に使用されている建材や機密性の高くなった住空間の影響で
シックハウス症候群や電磁波過敏症、花粉症などのアレルギーも
増えてきています。

70年ほど前から住宅不足解消のため団地と呼ばれる集合住宅が増え、
その後1960年代にはハウスメーカーが戸建て住宅を建て始めましたが
ハウスメーカーでは予め工場で部材を加工した上で、現場に搬入して
家を建てる工法が主流です。

使われる建材はビニールクロスや、複合フローリングと言われる
木を薄くスライスして接着剤で歪まないように作られた床材、
メンテナンスも簡単なフローリング材が多くを占めています。


昔の住宅はどうだったでしょうか?
土壁に畳、無垢の床材など、家全体が呼吸する湿式と呼ばれる建材など
自然のもので出来た材料を使って大工さんが建てられていました。

 

家に帰ったとき、自然に深呼吸してますか?

皆さんは自宅に帰ったとき、無意識に「深呼吸」していますか?

森林や公園に行ったとき、無意識に「深呼吸」した経験はありますか?

 

人の一生のうち、1/3は家で過ごしますし、現在のような状況なら
もっと多くの時間を自宅で過ごす方も増えているかもしれません。

なぜ、自宅で意識しないと深呼吸が出来ないのか?

人の身体はよく出来ていて賢いです。
深呼吸してもいい場所なら本能で勝手に深呼吸します。

自宅で身体が無意識に深呼吸していないなら、
自宅の空気を変える必要があるかもしれません。

人が生きる上で必要な「空気・水」。
水も空気の中に含まれています。

空気は目に見えないもので、普段意識することはないですが、
あまりにも当たり前すぎて気づかない落とし穴。
住まいの建材のせいで健康を害している人も少なくありません。

空気を整えるだけで、体調が変わる、心の状態が変わると
知ってもらえたらと、弊社では、身体の不調がある方に
ぜひ取りれてもらいたいと思う建材をご紹介しています。


新月伐採葉枯らし自然乾燥 無垢フローリング材
化石サンゴの壁塗材 友喜のしるし〜マシュマロタッチ〜

効率の悪さや在庫リスクの大きさからほとんど途絶えてしまった「新月期伐採」、「葉枯らし天然乾燥」という伝統的林業があります。新月期伐採とは満月直後から新月までに伐採される事を言い、葉枯らし天然乾燥とは、伐採後は葉をつけたまま山で自然な状態で枯れさせていく昔ながらの伝統工法です。この伝統工法で加工された無垢のフローリング材をご提供しています。

詳しくはこちら

 

友喜のしるし マシュマロタッチは化石サンゴ「コーラルフォッセル」が主材で、極めて安全な国内産の成分を使用し安心の国内工場でつくられた安全性の高い内装仕上げ塗材です。優れた性能は第三者機関による試験データから確認出来ます。

ビニールクロスの上から塗るための塗料として開発された「友喜のしるし」は簡単にDIYで誰でも塗れて直接触れても大丈夫な塗料。世界で唯一食用として認められている与那国島の化石サンゴの入った塗料に、和歌山のゆの里のお水「月のしずく」で希釈された壁塗料です。カラーバリエーションも豊富にご用意しています。

詳細はコチラ

Office COLORCOLOR WEBSITE

OFFICE COLORCOLR

base